永遠平和のために

「最低限」の戦争ならOKという人が多すぎる。

最低限って何?誰が決める?

いつも戦争は「最低限の介入」といった言辞でスタートする。
あるいは「必要最低限」か。

人任せの最低限は原爆も容認されうる。

争いのあるのが日常の世の中だからこそ「平和」を合意点として、話し合いができるのだ。

結果として「最低限」はありえるかも知れないけども。

僕は戦争が絶対に嫌だ。人殺しをしたくない。
そんなことにお金も出したくない。
誰も手伝わせたくない。
だから戦闘的に「平和」を求める。
言葉が逆説的での皮肉だとしても

広告
永遠平和のために

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中