久しぶりのSF/マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮

どっかのブログにエントリーされていて、何となくあらすじが面白そうだから買ってみた。
主人公が殺されそこなった15歳の美少女。相方は戦争と政治に翻弄されている金色のネズミ。
金色のネズミ・ウフコックは実験動物で人間の知能を持ち、しかも身体を自由自在になんにでも変えることが出来る。
で、文体はサイバーパンク調。でかつライトノベル的に読みやすい。

まだ1巻だけど、ドライブ感が心地よい。
3巻まで楽しみだなあ。  
と思っていたら次のシリーズ「マルドゥック・ヴェロシティー」なる前史シリーズが出るとか。

生き残った者たちの再生の物語
「マルドゥック・スクランブル」以前を描く
殺戮と虚無、そして臨界と加速のオペラ。

だそうだ。ギブスンmeetsペキンパーちゅう感じかな。

広告
久しぶりのSF/マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中