呼吸の流れを読む

先日読んだSF小説のギャンブルのシーンでしきりと相手の呼吸を読むことによる駆け引きを読んだ。
僕は喘息持ちなもんだから呼吸の安定には、とても興味がある。
また安定を乱すことが嫌いだ。(ゲバラはへっちゃらだったらしいが。。。)

さて、件のSF小説では、相手が「呼吸を吐き切ったときが、一番弱い瞬間」みたいなことが書いてあった。
確かに。。。とは思うものの相手の呼吸の具合を真剣に見たことなんかなかったので、あまり実感がなかった。

今日の昼ごはんのときに、とあるカレー屋さんで、オーダーの際のこと。
僕がカウンター内のスタッフにオーダーを伝えると、相手はびくりとした。僕の方のことを見ていたので、不意を衝いたということはないと思う。ただ、彼が呼吸を大きくついていて、吐ききった瞬間だったのは間違いなかった。
もちろん、偶然だけど。
今度、別のところで試してみたい一件だな。

丁度、急に寒くなってきて、喘息は思いっきり出てきていて、気管からひゅーひゅーと空っ風がなっている。

思考は千々に乱れる。美は乱調にありと言っても、深く沈潜できない。
ここは辛抱かな。

広告
呼吸の流れを読む

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中