写真の保管

最近はLeicaM7のカラーネガでばっかり写真撮っているので、保管はもっぱらアナログ方式。

仕事柄、QV10の頃からデジカメは使っていて、フィルム不要で現像の費用が不要ってデジタル最高!
って本当に最近まで思っていた。

でも、保存するということにおいてみれば、お金も手間も同じなんだよね。
デジタルは永遠に保存メディアを管理し続けなければいけない。
ましてや方式は色々に移ろうから定期的に移植していかなければいけない。
DVDで保管してもディスクは傷むし、うちの会社でもバックアップしたDVD内のデータがいつの間にか一部破損していることなんかざらだ。

一方、ネガはある程度雑に保管しても乾燥さえしていればという部分がある。
現像して終わりだし。
それに古いデジカメの画像って、なんか見れないよね。

フィルムは腕のよしあしはともかくとしてそこは大丈夫。

なんだか自分の仕事の存在論まで考えちゃうな。
きっと画像の保管でみんな気がつき始めて、アナログとの使い分けを真剣に考え出すだろうな。

広告
写真の保管

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中