小説を書きたくなってきたなあ

ビレッジバンガードに立ち寄った時にジャック・ケルアックの「荒涼天使達」(?)が売っていて、そのあとがきを読んだら、やけに小説をまた自分で書きたくなってきた。

ケルアックも自分のために書いていた時が一番、いい作品を書いていたようだ。

しかも書きまくる。(多分、読み返さない。だってラリって書くから)

僕はもちろんラリったりしないけど、書きまくるのは好きだ。意味もなく。

それでいいのなら・・・

広告
小説を書きたくなってきたなあ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中