巨大な相手

が僕らの途上に現れた。予想よりも出足が早い。
とはいえ、早いというのは僕らの時間軸であり、巨視的に見れば予想の範囲内か。ただ、もう少し時間が欲しかった。

末成公園

このまま交戦に突入せざるを得ない。

もちろん交戦とはこちらの心持ちであり、実際には協同になれればいいのだが、そうもいくまい。というのが僕の今の所の感想だ。

なぜなら、相手は巨大な上、特定分野における実績もある上、システム開発において後出しだからだ。後出しのシステムは絶対的に有利だ。しかもリソースも存分に保持している。

こちらの優位点は何か?
それほどカードがあるわけではないが、いくつかはある。
数少ないカードをいかにして切り、相手と連帯するか?

開戦はまもなく。

広告
巨大な相手

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中