大学連携ファンドについて思うこと

今朝の日経新聞に同志社大とVCが大学連携のファンドを作るとあった。
工学系の学生や研究室が主な対象でOBの企業も対象だそうだ。
この記事から思う事は二つ。
これからの大学は外部からファンドを組んで連携したいと持ちかけられる力が社会的な存在価値となること。
その力とは高い教育レベルと研究レベル。それと厚い卒業生ネットワーク。
もうひとつ思う事は、誰が投資価値を判断し、育てて行くのか。
記事では最終的な投資リスクはVCが判断するとあるが、その前に判断委員会が学内で検討するそうだ。
きっと多くの先生方が検討すると思われる。
そこでゴーサインとなった結果をVCは蹴る事ができるのだろうか。
投資は技術が優秀だからという理由だけでするわけでもないだろうし、投資後も誰かが面倒を見続ける必要もあるだろう。
誰がやるのか?

広告
大学連携ファンドについて思うこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中