Soul Flower Union「カンテ・ディアスポラ」傑作!

カンテ・ディアスポラ

最新作をなんでもかんでも傑作と書いたり、言ったりするメディアを信じないけど、最新作が傑作の可能性も大いにある。当り前。

今日は散歩の途中で立ち寄ったタワレコでSoul Flower Unionの新譜「カンテ・ディアスポラ」を購入した。あまりタワレコには昔ほど行かないんだけど、偶然行くと、よくソウルフラワーの新譜発売のタイミングに出会う。(笑)

ソウルフラワーになってからいつもアルバムは買っているけど、いつもセンス微妙だなあという思いがぬぐえなかった。それは僕の理解があまりにクラシックなロックに毒されているからかなあ。と自己批判もしてみたりするけど、ニューエストモデルの時の中川の楽曲にはセンスをバッチリ感じていた訳で、彼との相性が悪いとは思っていない。

いつか来るんじゃないかなあ。と思いながら年を経てきた。

で、この新譜でニューエストの件は、僕の中で解消され、やっぱりセンスあるし、格好いいなあと改めて深く納得した。ソウルフラワーの実験は、一旦、完成したんじゃないかな。

それにしても、曲を聴けば聴くほど、「不穏な空気」に満ちた「騒動喚起力」というロックが持つ根源的な力を感じるなあ。それが格好良さだとも思うしなあ。

傑作です。

Photo_2

広告
Soul Flower Union「カンテ・ディアスポラ」傑作!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中