運命の朝


だったのかもしれない今日のミーティング。
今後の三年間の事業を左右するかもしれない。

良いことをして儲けて還元する。
この流れを絶対に実現したいと、ひたすらこの2年間働いてきた。

闇は深いが、夜をぶっ飛ばせ。
朝は必ず来る。そして、足音はしている。

広告
運命の朝

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中