今日、納得した言葉。

リンク: 『浅草弾左衛門』塩見鮮一郎 松岡正剛の千夜千冊・遊蕩篇.

ぼくが『フラジャイル』(1995)に弾左衛門をとりあげたときは、ロラン・バルト(714夜)を引いて、こう結んだものだ。「人間の演ずる行為は、容認された差異の関係のシステムを前提にしているものである」。

今日、読んでいて納得したことば。演ずる行為に先行する「容認された差異の関係のシステム」の存在。当たり前なんだけど、きちんと言葉で理解することで、本当に行動に活きると思う。

広告
今日、納得した言葉。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中