The Bawdiesの新譜がカッコええ!

ボーカルは、見た目の華奢さとは、裏腹なジョーコッカーばりのボーカリスト。

曲は、前作までのフィフティーズっぽさから、サザンロックテイストもふんだんに。微妙なユーモアセンスも垣間見えるのが、しりあるすぎてなくて、センスええ!

ロック好きなら間違いないアルバム。
英語歌詞なのが残念だけどね。

やっぱりロックンロールが大好きだと
再認識したよ。

広告
The Bawdiesの新譜がカッコええ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中