竜馬がゆく。



Reach for the Skt@八幡神社, originally uploaded by goroo.

僕はあまり明治維新の話が好きではなく、というわけで司馬遼太郎もあまり読んだことがなかった。

明治維新は、大きな革命で、光の面が十分すぎるくらい多いのは分かっているだけど、、影の部分の孕まれた侍の怨念が悲惨な敗戦まで続く道に見えるから。(ひねくれた見方だと言うことは分かってるけど。)

司馬遼太郎のからりとした文章が、なじめないというのもあるかもしれない。
「燃えよ剣」で土方歳三を読んだことがあるくらいか。
土方を僕は好きなんだけど、やはりカラリとしすぎている気がした。

NHKの龍馬伝が流行っているから・・・
というのが大きな理由なんだけど、なんとも変な人だな。と思い、
「竜馬がゆく」を読みだした次第。

「竜馬がゆく」においては、司馬遼太郎に感じた違和感はなく、むしろ最適な感じ。

で、感想は・・・・・面白い!(ただいま4巻)

広告
竜馬がゆく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中