薄利多売とタダが儲かる?



2010_0206_1041, originally uploaded by goroo.

アジア圏では、薄利多売が猛威をふるっている。
中国でも韓国でも・・・ここ日本でも。

僕のビジネスパートナーの方が、
「薄利多売と言っても。多くは薄利少売になっている」
と指摘していた。

確かにその通りだ。圧倒的に多売でなければ、薄利では成り立たない。

薄利多売の成功している企業は、(企業規模により多売の要件は変わると思うけど)そこのポイントをしっかり実現しているということなんだろう。
さらに進むと・・・FREEモデルとなる。

僕自身も、これまでのフォーマットを変えてみようと思いながら、
なかなか踏み切れなかった。

ある案件があり、これなら新しいモデルを試せるかも!と思い、
ここ数日あまり寝ずに試算を繰り返した。

で、驚くことが分かった。
ある条件では、この15年間やってきた方法が一番効率が悪く、
薄利多売&FREEモデルの方が利益率が圧倒的に良いということだ。
正直、ショックだった。

ただ、上記にはいくつかの重要な前提条件がある。
その条件を実現するためには、協働と契約が必要となる。
そして・・・元気なキャッシュフローも。

多大なリスクを抱えた僕の実験は成功するだろうか?

広告
薄利多売とタダが儲かる?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中