守る。

米軍であろうがなんであろうがよその国の軍事基地はあるのは嫌だ。
同盟を結んでいるからしゃあないと言われても嫌だ。

じゃあ、自国の軍事基地ならいいのか?
それも嫌だ。

じゃあ、自分の国というか住んでいる街や町内や家族をどうやって守るのか?
なにかあったらどうするのか?

自分の国は自分たちが守る。
と腹を固めないと本当に専守防衛も実現できない。

徴兵制で若者を鍛えたらいい。とかいう頭のおかしい人がいるけど、
韓国で若者と話して気がついたこと。
徴兵制って若者全員を兵士として雇用することなんだね。
それを考えると経済的にも厳しい気がする。
過剰で巨大でやめにくい公共事業になってしまう。

防災訓練のように年に数回の市民の軍事訓練を行ってはどうだろう。
徹底した軽装備による歩兵主体による市民皆兵制。
市民を指導する 専門家としての軍人は必要だろう。

では、航空兵力、海上兵力は市民訓練では無理だろう?
とか色々と考えどころはあるけど、自分たちの国は自分たち自身で守る。
誰かに押し付けるというよりも健全な気がするけど。

年齢が進んでも、やれることはあるだろうし、何より年に数回の訓練があれば、
健康にもいいしね。

そんなことを考えている。

広告
守る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中