IKEAからSmartデリバリーを。

昨日は、IKEAでスタッフのデスクを購入し、配送をお願いした。
神戸のIKEAから大阪市内まで20kgまで3900円。決して安くない。
車で来ていたこともあり、自分で持ち帰るか?
と少し頭をよぎったけど、IKEAの広大な店舗の無人っぷりと居心地の良さを両立した店舗運営に感心していたので、配送の仕組みを見てみたいと思った。

僕は配送伝票を書くのが嫌いだし、伝票なんていう薄い紙切れで管理していることに昔から不安があった。また、配送料の試算も待たされるから面倒。

で、IKEAではどうだろうか?

デリバリーコーナーに行くと、すでに先客がゴチャゴチャとスタッフと話していた。配送は個別事情があるから待たされがちだ。ましてや伝票を「手書き」で書くとなると…。

と思っていたら、スタッフが僕らに端末を差し出した。最近の居酒屋であるようなオーダー端末だ。そこに住所を入力しろと言うことらしい。

待っている間に入力していると、あっという間に僕らの番に。
配送内容を確認すると、バーコードリーダーで各商品のIDを読み込んでいく。
するとアレヨアレヨと重要が合計され、
「17.8kgなので3900円です。よろしいですか?」
と問いかけられた。その間、1〜2分だろうか。

購入の証明をレシートで行い、配送料を決済すると、僕らのデスクのカートはスルスルと巨大で整頓された倉庫へと移動されていった。

これがスマートな小売りであり、小売はロジスティックなのだと実感した。
日本では、まだまだ売り場が主戦場みたいになっているけど。

まるで戦前の負け戦を見ているかのような錯覚。
ああ。。。

今更、なんだけどね。

広告
IKEAからSmartデリバリーを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中