悲しげでチャーミングな宇多田ヒカル。

今まであんまり宇多田ヒカルは好きではなかった。
あえて言えば映画「キャシャーン」の曲くらいだろうか。映画とも相まって「いいな」と思ったんだろう。
(全然評価されていない映画だけど)

確か「誰かの願いが叶うころ」という曲だったかな。PVもいい。

でも、「Goodbye Happiness」は、何ともいい曲だ。
彼女がしばらくお休みすることもあってか、吹っ切れたようにセルフパロディー(元旦那のPV?)を楽しげにやっていたり、PV自体がニコニコ動画の踊ってみた風だったり、ビデオチャット風だったりといい意味ではじけてる感じ。

歌詞が、とても印象的で「失ったこと」をスケッチしていくように歌っていく感じがとてもいい。
PVの楽しげな感じとのギャップが、より印象的に心に伝わってくるのかな。と思いました。

とはいえ、他の宇多田ヒカルの曲を知らないので、あくまでもこの曲の印象なんだけどね。

広告
悲しげでチャーミングな宇多田ヒカル。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中