2010年は移動の年かな。

秋の赤

今年は年初から韓国の釜山へ視察旅行に参加し、その後は怒濤の移動の日々だった。
体調を崩す事態も同時進行であったり、予想外の外的トラブルに巻き込まれたりと、驚かされることが多かったけど、いつも危機は展開と一緒にやってきた。

また、今年は少し自信を持っていいことがある。
「事態の見通し」が、精度を高められるようになったきたことだ。
僕は、必ず複雑な事態には、流れに身を任すのではなく、「見通し」を持って、事に当たることにしている。この「見通し」がかなり複雑な事態にも効果を持てるようになってきた。過信はいけないけれど。

「移動」する以上、どこかからどこかへ移っている訳で、往復に見える移動も「見通し」という力が働いて、微妙にコースを変えていく。

2010年もあと少しある。もう少しこの1年間の「移動」の意味について考えてみたいと思う。

広告
2010年は移動の年かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中