PogoPlugの接続速度。

Pogoplug

2011/4/30購入の国内販売版(9800円)を今日、ヨドバシ梅田で購入しました。
東京ベースやモバイル環境にいても、大阪本社内の僕の書類にアクセスしたかったからです。
Dropboxも考えましたが、コストと容量、安定性、セキュリティが気になりやめました。

国内盤はあらかじめ日本国内のPogoplugのサーバを参照するようになっているらしく、当然ながら接続速度は輸入盤よりも早くなります。

PogoPlug公式サイト
http://www.pogoplug.com/

機能としては手元にあるUSB接続ハードディスクがPogoPlugにつなげば、あっという間に自分専用のネットワークハードディスクになります。またPogolugのサイト認証を通すことで、外部からも手軽にアクセスできます。

これまでも外部からアクセスできるNASはありましたが、設定が難しかったり、アクセスがやりにくかったりでした。それを間に認証サーバを入れることで解決!パーソナルクラウドとして売り出しています。

Windows、Mac、iPhoneアプリでも自由にアクセスできます。
WEBブラウザ経由でもOKです。ただ、間にサーバをいれていることと自分が接続しているネット回線速度に大きく影響をうけるようで、実際には書類ファイルに活用するサーバとして考えたほうがいいかも。と感じています。
(僕の場合は、それで充分)

私の環境で試してみた速度を掲載しておきます。時間帯やメンテンス状態により大きく変動するという噂もありますので、目安として。

★Pogoplug接続環境
・Bflets(回線実測/Download:約30MB|Upload:約30MB)

★自身の接続環境
・イーモバイルPocketWifi&Macbook Air11inch)
Download:約600kb|Upload:約700kb

・Bflets&Macbook Air13inch
Download:約20MB|Upload:約10MB

でした。ちょっとしたビジネス書類なら充分使えそうです。

ちなみにiPhoneからテキストファイルを落としたら、文字化けでしたが、
GooReader内蔵のテキストエディタで文字コードを変換したら、しっかりと表示できました。
この辺はちょっとした工夫が必要そうですね。

Pogoplug

広告
PogoPlugの接続速度。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中