iOS6のマップのありがちなおかしい表示。

Tim Cookの真摯なお詫びメッセージを見て、「iOS6のマップを改善しよう。」というエントリーを書いたのだけど、スクリーンショットがないと意味不明だと思い直して、スクリーンショットを撮ってみた。画像の処理はSkitchで。

iOS6 マップの変な表示。

 

例えば、東梅田駅のあたりのアイコンを押してみると、「ひがしうめだ」とひらがなで吹き出しが出る。そもそも地下鉄の駅がマップに標準できちんとでていないのも問題だが、それは横に置く。ひらがなで表示される表示は意外に多い。僕はこれは地名データの「ふりがな」を表示しているんじゃないかと思っている。

 

駅の詳細を見ると、英語表記ではきちんと駅名を表示できている。だが日本語表記はここにはない。右下の「問題を報告」を押すと、より詳しい地図のデータを見ることが出来る。

 

すると、地名の名前は英語表記のママ。ひらがなですらない。それよりも住所欄に「東梅田駅」の漢字表記が入り込んでいるのだ。これが正しい情報の持ち方なのかなあ。カナリ疑問。

上記のようなパターンは、とっても多い。
地名吹き出しが「ひらがな」で詳細情報は英語表記。詳しいデータを見ると住所情報欄に漢字表記の地名データが入っている。というパターン。

この表示の仕方なのか、データの入れ方なのか分からないけど、個々を解決するだけでも随分を表示がマシになる気がしているのだけど。。。

 

広告
iOS6のマップのありがちなおかしい表示。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中