ヒューマニズム」について―パリのジャン・ボーフレに宛てた書簡 (ちくま学芸文庫)

ジョギング中に出てきた月。この後、土砂降りが。(苦笑)

「ヒューマニズム」について―パリのジャン・ボーフレに宛てた書簡 (ちくま学芸文庫)

慌ただしさの中、心許なった時は、書棚の前に立つ。
20代くらいから買い溜めてきた本が詰まっている。

今の自分の「不安」に応える本はあるのか?
一冊、一冊手にとっては戻す。

ふと、ハイデガーの「ヒューマニズム」についてをパラリと捲ると引き込まれた。

思索とは?
存在とは?
言葉とは?

数年ぶりにしっかりと読んでみよう。
この間に身につけた経験が、本に埋め込まれた内容に気が付かせてくれるだろう。

Posted from Drift Writer on my iPad

広告
ヒューマニズム」について―パリのジャン・ボーフレに宛てた書簡 (ちくま学芸文庫)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中