採用面接は普段着で。

Super Opening Live

最近、面接の時にはスーツは着てこないように伝えている。

スーツを着ると、どうも「就活モード」になる人が多く、「盛ったマナー」が発動するようで、それを剥ぎ取るのがめんどくさくなったから。
試しに「うちは仕事も普段着が多いから、スーツでなくでいいよ」と伝えて、面接すると砕けた雰囲気にすぐに入れて、僕らの会社には良かったように思えた。小さな企業で、応募者も少ないからできるんだろう。

スーツの着こなしなんてのは、仕事はじめてからでも十分に間に合うし、業種によって、スーツの選び方も変わるから、先に買って、就活に臨むのは無駄が多いよな。一方、送り出す側からすると、緊張感のない学生や若者に「緊張感」をはめるために「スーツ」という線引をさせている気もする。

ただ、、、どちらかというと「送り出す側の大人の事情」が社会へ影響を大きく与えてるなあとも思う。

広告
採用面接は普段着で。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中