Kindle PaperWhiteは3Gバージョンを買うべきか?

11月下旬にKindle PaperWhiteのWifiモデルを購入した。
確認したかったことは電子ペーパーでの読み心地とクラウドや他デバイスとの連携でストレスがないか?
など一般的な使い勝手だった。もう一つ大きな仕事的な関心では、複数タブレットと共存できるかだ。
後者の課題は別の機会に記事投稿しようと思う。

最初にKindle PaperWhite予約にまず悩むのは3Gモデルの選択だろう。
3Gモデルならどこでもダウンロードできるし、無線LANの設定に悩むこともないだろうし。
というのが悩んだ理由だった。

まず「どこでもダウロードしたいのか?」という部分。
iPadminiで、すでにKindleアプリを通じて、電子書籍はいくつも購入していた。
一番熱中したのが、実はコミックだった。コミックは読み終えると、すぐに続きが読みたくなる。

ただ、Kindle PaperWhiteの場合、モノクロの電子ペーパー。しかも横画面にはできない。
見開きで読みたい。カラーページも見たい。というのがコミックの魅力に思える僕には、Kindle PaperWhiteでコミックを続々と読むイメージができなかった。

もう一件のKindle PaperWhiteの無線LAN設定が、なかなか設定がうまくいかない場合ということについては、ネットの先達を見ても、あまりそういう意見を見ない。

ということで、Kindle PaperWhite(Wifi版)を購入することにした。
僕の場合、自宅と会社には無線LANがあり、どちらもきちんと接続できたから危惧は杞憂だった。
移動中は、テキストベースの作品の読書するので、あわてて続きを読みたいというほどでもない。

重さも軽いし、雑に扱ってもそう問題なさそう。結果的に良い買い物にあった。
実際に読書量も増えている。

最近、読書から離れているなあ。という方にはおすすめ。特に電車内で立ちながら、片手で読めるのは、iPadminiではできなかったので助かっている。

広告
Kindle PaperWhiteは3Gバージョンを買うべきか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中