駆け出しアイドルグループとファンのコミュニティ拡大の始まりを見てみたい。

たこ虹@西宮北口ガーデンズ屋上。

日曜日に西宮北口のショッピングモールの屋上で行われたたこ焼きレインボー(通称 たこ虹)のミニイベントを見に行ってきた。情報源はTwitterでももクロ周りから流れてきて、日曜の予定を変更してまで見に行った。

興味があったのは、タイトルの通り「駆け出しアイドルグループとファンのコミュニティ拡大の始まりとは。」だった。

一昨年からももクロに興味を持ち、コンサート会場にもでかけ、ネットでも情報収集する中で、なぜコミュニティが拡大して行くのか?にとても興味を惹かれたのだ。

ももクロは、僕が興味を持った時には、コミュニティは自律的に拡大して行く過程だった。
その過程にシンクロさせながら、運営サイドもしかけて行くという流れはとても興奮したし、幾つかもハプニングも織り交ぜながら、今もその渦中で楽しめている。

自分なりにこうなのかな?という見方もできている。

たこ虹@西宮北口ガーデンズ屋上。

では、その始まりとはどうなのだろうか?
初期段階というか。
そこで、ファンが集まり出しているたこ虹のフリーイベントを見にいったのだ。

公式グッズに身を固めた一群のファンたち
ミニライブが始まる前の興奮とおしゃべり。
少し前に発売された渾身の楽曲を歌う彼女たちへのオリジナルなコールとミックス。
メンバー自己紹介でのコールANDレスポンス。
終了後のTwitterでの独自解釈を交えた拡散。

僕に理解できたイベントを取り巻くファンたちの動きだ。
グッズという外見による一体感と誰が作るのか分からないが普及して行くコール。
それにみんなで参加できる快感!
メンバーも認めてくれることで、コミュニケーションしてるよう。
終了後のTwitter拡散のよる参加できなかったファンとの経験の共有化。

以上のようなことを、初期段階のポイントとしてメモしてみた。

バラバラだった人たちが、匿名にままにつながり、ひろがっていき、貢献して行く。
そんなことが可能なのか?という自身のライフテーマからも、とても参考になったイベント観戦だった。

広告
駆け出しアイドルグループとファンのコミュニティ拡大の始まりを見てみたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中