菜園とITとスマホ

2年くらい前から市民農園で3m×5mほどの小さな畑で野菜を栽培してみたけど、
とにかく情報源はNHKの「やさいの時間」と他の先輩栽培者の方々。
それでもいろいろな考え方があってよく分からない。
何より、水と肥料の塩梅もよく分からず苦戦の連続だった。

それでも他の畑よりもできの悪い野菜でも、もぎたては美味しいものだから満足していた。
それにしても、なにもかもがITからは程遠く、なにやら古めかしい。
とはいえ、畑の場所によって、やるべきことの違いが大きいので、最後は自分の判断となる。

うちは夫婦揃って忙しく、水やりが疎かになりがちなんだけど、たまに畑に行っても、土の含水具合が何よりよく分からなかった。また土中の温度や肥料の投下具合など。そのあたりをセンサーで見れればいいんだろうけど、ホームセンターに行っても、なんか古臭い。

農業+ITで調べると日立ソリューションの農業クラウド「栽培くん」が出てきた。

栽培くん

なんか大掛かり。

アマチュア向けに現地に行った時に、スマホと畑に埋め込んだセンサーが連携して、現場で情報がわかる安価な仕組みがないのかなあ。野菜だけでなく、花や観葉植物でも使えるだろうし。

なによりセンサーが安価で、耐水・耐候性があり、無線機能があること。
クラウドとの連携はスマホ経由で、現地で行えば良い。
リモートである必要は実はないんだよなあ。

広告
菜園とITとスマホ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中