輪行から見える新しい世界

ずいぶん前に買ったクロスバイクを持っているものの近所を走ったり、たまに通勤で使う程度だった。
ただ、自分でタイヤとチューブを交換してみてから、急に愛着とともに遠出したいと思い出した。
だって、パンクも直せるんだから!
ただ、自分で漕いでゆく自転車の遠出には限界がある。
と思っていたら「輪行」という方法があると知った。

Wikipedia「輪行」によると、

輪行(りんこう)とは、自転車の乗員が自転車を公共交通機関(鉄道~船~飛行機など)を使用して運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。

ということだそう。つまり公共交通機関で行けるところなら、事実上、どこからでも走り出せることになる。

ただ、嵩張って重い自転車をどうやって電車内に運び込むのか?運賃は?

そこで「輪行バッグ」なる商品を知ることになった。電車などへ運びこめるように可能な限り分解して、バッグ化して運びこめるようにするのが「輪行バッグ」だった。輪行バッグで運べば、概ね運賃も無料みたい。

いろいろなたたみ方があるようだったけど、僕はモンベルの「コンパクトリンコウバッグ」を選んだ。横置きタイプだけど、金具が不要なのと、ジッパーで閉じなくても良いのが決め手。

とはいえ、輪行の練習をしなければならんだろうな。
というわけで、夢は尾道から今治までしまなみ海道を自分の自転車で走りきること。

尾道のサイクリスト専用のホテルに泊まること。

広告
輪行から見える新しい世界

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中