2016年目標「Sharpen & Reloaded」決定。

2016年目標「Sharpen & Reloaded」。

「Sharpen 」
事業革新を根底から支えるために、組織として現行の事業をもっと鋭く刃を研ぐ。
横道を広げるのではなく、今ここで走りながら刃を研ぐ。

「Reloaded」
僕の創業から20年経過した現行の事業構造。これから20年も同様ではないという認識に立つ。
次の事業構造をスタート=事業革新するために、今年は「新たな実弾を込める」。

そんな目標を立てた。

2016年目標「Sharpen & Reloaded」決定。

2015年の仕事納めで決意。

2015年最終営業日。 雲ひとつないええ天気。 今日も元気に働くで〜。

2015年の仕事納め

2015年の仕事納め

2015年の仕事納めの日。納会は賑やかに終わった。
悲しいこともあったけど、嬉しいことのほうが多い1年だった。
そして、20年の総括としてこれまでのWEB制作会社としてやりたかったことは、ほぼ全てやった。リスクも負ったし、利益が下がりもしたけど、ノウハウ、実績として残せたことは、若い連中の資産になるだろう。

丁度、一年前の同じ時期には新3カ年計画「未来への攻勢」というエントリーで「組織化」の仕上げについて語っていた。

そして僕は次の20年のために、2016年から2020年までの5カ年で自社のあり方を確信していく決意を固めている。今のメンバーならできると思ったから。その第一歩が2016年春からのスタートになる。すでにそのための準備は地道にやってきた。

WEB制作会社として次元を変えていく決意だ。

2015年の仕事納めで決意。

伏見稲荷へ初めてご挨拶。

年末の京都

年末の京都

年末の京都

年末の京都

これから仕事で関わって行きたいなぁという地域については、その地域の商売繁盛の神様へご挨拶することにしている。
自分の中で筋を通して、しっかりやっていく決意表明みたいな感じ。
東京に出した時もそうしたし、名古屋に進めた時もそうした。

で、京都なら伏見稲荷。なので、年内ギリギリでご挨拶へ。来年からよろしくお願いします。
って心持ち。我が社の直接的な商売繁盛の決意表明は西宮戎様だけど。

参拝して、立ち去ろうとした時に、美しい夕陽だった。
なんだが稲荷様に見送ってもらった心地よい気分。

また来ます。

伏見稲荷へ初めてご挨拶。

「坩堝の電圧」でくるりに再会。

先日、待ち合わせでタワーレコード渋谷店でしばらく時間を潰した。
1Fは主に邦楽の新譜中心にプッシュしているアイドルやバンドなんかも並んでいて、そう広くない店内は、音楽トレンドが15分で分るショールームだと感じた。

くるりの新譜「坩堝の電圧」が目立つように並んでいた。

前回のアルバム「言葉にならない、笑顔をみせてくれよ」を聞いて、悪いアルバムではなかったけど、僕にとってはもういいかな。と漠然と思っていたから、新譜について試聴もせずに通りすぎようとしていた。その時、店員さんPOPに311以降にくるりが京都に戻ったと書いてあるのが見えた。

「そうか。京都に戻ったのか。メンバーも大幅に変わったのか。。。。」

僕は昨年、東京にひとりで事務所をたちあげて、今も一人で行ったり来たりしているが、立ち上げ当初ののぞみではいつも「東京」をぼんやりと聞いていた。

結局、そこで待ち合わせの方が来たので、買いそびれたのだけど、どうしても気になって、iTunesMusicStoreで購入することになった。
悪くないアルバムだ。

それにしても、、、タワーレコード渋谷店のきちんとしたプレゼンで、くるりの今と新譜に出会ったわけだ。時間の都合でCDは買えなかったけど、iTMSで買っても、利益の一部がタワレコに行くようになればいいのにな。最近は、リアル店舗で見たり、試用してから、ネットショップで買うことが増えたけど、店側に利益の一部がいけばいいのに。。。そんなことも思ったりした。

「坩堝の電圧」

「言葉にならない、笑顔をみせてくれよ」

「坩堝の電圧」でくるりに再会。