2016年目標「Sharpen & Reloaded」決定。

2016年目標「Sharpen & Reloaded」。

「Sharpen 」
事業革新を根底から支えるために、組織として現行の事業をもっと鋭く刃を研ぐ。
横道を広げるのではなく、今ここで走りながら刃を研ぐ。

「Reloaded」
僕の創業から20年経過した現行の事業構造。これから20年も同様ではないという認識に立つ。
次の事業構造をスタート=事業革新するために、今年は「新たな実弾を込める」。

そんな目標を立てた。

2016年目標「Sharpen & Reloaded」決定。

2015年の仕事納めで決意。

2015年最終営業日。 雲ひとつないええ天気。 今日も元気に働くで〜。

2015年の仕事納め

2015年の仕事納め

2015年の仕事納めの日。納会は賑やかに終わった。
悲しいこともあったけど、嬉しいことのほうが多い1年だった。
そして、20年の総括としてこれまでのWEB制作会社としてやりたかったことは、ほぼ全てやった。リスクも負ったし、利益が下がりもしたけど、ノウハウ、実績として残せたことは、若い連中の資産になるだろう。

丁度、一年前の同じ時期には新3カ年計画「未来への攻勢」というエントリーで「組織化」の仕上げについて語っていた。

そして僕は次の20年のために、2016年から2020年までの5カ年で自社のあり方を確信していく決意を固めている。今のメンバーならできると思ったから。その第一歩が2016年春からのスタートになる。すでにそのための準備は地道にやってきた。

WEB制作会社として次元を変えていく決意だ。

2015年の仕事納めで決意。

僕らの組織をつくろう。

橋を渡って行くで〜。//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

ここ4年あまり全く存在しなかった「組織づくり」に邁進してきた。
そして「組織力」向上にも。これにより私という固有性を0にしたかった。

ただ、創業者という特異性があるせよを固有性を0にしようとすることは、スタッフにも同様の力学が働くことになることに遅まきながら気がついた。

とはいえ、この間の取り組みで「組織」という存在は、全スタッフに自覚的になり、判断の際の大事な拠り所の1つになったかと思う。

さて、ここで「組織力」向上の方針を転換する。

  • 創業者である私の固有性は特定目的にしっかりと使うこと。
  • 組織人としてのスタッフの固有性育成を行うこと。
  • 以上を基礎にし、有機的な協働が発揮できる環境を作ること。

以上を新「組織力」向上方針としよう。

固有性に依拠しないことが、より大きく、より強くなれる近代的な組織づくりなのかもしれないけれど、僕らはこれで進んでみる。

僕らの組織をつくろう。

Kyoto Days 20150902-0903

9/2〜4まで京大キャンパスで全国的な会議に参加してきた。

お昼は京大吉田キャンパス近所のハイライトという定食屋で。
3種類もフライがつき、美味しい赤だし味噌汁付きで590円。安すぎる。
お客さんも京大生が多いように思いました。
注文票の裏面に書いてある世界の「ありがとう」の国というか地域選びに独自性があり、目を引いた。
味が文句なし。また行きたい。

IMG_3612

会議の後は「まるdeBar」へ繰り出す。いつも美味しいお酒と食事ができるお店です。
超オススメ。

IMG_3617

緊張しまくった二日間の会議の後は京大正門横のレンストランで「ステーキ総長カレー」をもりもり食べて、
河原町へ戻り、さらにミュンヘンで祝杯をあげた。

未来への挑戦と新しい関係、確信を得た貴重なKyoto daysだった。

家に帰ってきたらクタクタでバタンQ。

 

 

Kyoto Days 20150902-0903